疑似科学(ニセ科学)の見分け方

一見科学的に見えても、実はニセ科学である情報が世の中にあふれています。 明治大学コミュニケーション研究所が管理するサイトでは、そのような疑似化学の正体を科学的視点で検証しています。

疑似科学とされるものの科学性評定サイト http://www.sciencecomlabo.jp/index.html

ブルーベリーエキス、グルコサミン、ホメオパシー、デトックス、活性水素、マイナスイオン、EM菌などは疑似科学であると評価されています。 なぜそのような判断がされるのか? 科学的に検証するとはどのような手順なのか? を考えてみてください。

特集記事