January 25, 2020

January 13, 2020

Please reload

最新記事

毒のある花

September 17, 2017

1/3
Please reload

特集記事

今年こそキンモクセイ

September 22, 2018

まもなく待ちに待ったキンモクセイの季節が始まります。

あの、甘い香りを待ちわびている人も多いと思います。

そして、今年こそあの香りを手に入れて利用したいと考えている人もたくさんいらっしゃいますね。

 

キンモクセイのあの甘い香りを取り出すのは、実は結構難しいことでした。

水蒸気蒸留では、高温がかかるため、あの繊細な香りは分解してしまい、芳香蒸留水はキンモクセイの香りとはとても思えない臭い水になります。

チンキにすると、アルコールは香り以外に青臭いにおいや色素、香りとは関係のない植物成分も抽出されて、どす黒くてキンモクセイ特有の香りとはかけ離れたものができます。

 

LSアカデミーはキンモクセイの香りをどうすれば取り出せて、利用できるかを研究し、様々な方法を開発してきました。

これらの方法を使うと簡単にキンモクセイの香りを取り出せ、様々な形で利用することができます。

今年は、ぜひ自分でキンモクセイの香りをゲットしてください。

 

〇カプセル蒸留 減圧で蒸留することで、キンモクセイの香りは分解することなく、そのものの香りの芳香蒸留水を作ることができます。芳香蒸留水は化粧水、クリームの水分、リネンウォーターなどに使うことができます。

 

〇FSEフレグランス キンモクセイの芳香蒸留水を約50倍に濃縮したフレグランス(アルコール溶液)をわずか10分で簡単に作ることができます。FSEフレグランス作成時に青臭さ、草臭などの悪臭が除去されるので、もとの芳香蒸留水の香りよりキンモクセイの香りより透明感があり、存在感が強調されたフレグランスができます。フレグランスは腐らないので長期間保存できます。香水、オーデコロン、アロマデフューザー、化粧水、クリーム、石けんなど広く応用できます。

 

〇FSEアンフルラージュ 熱をかけないで空気中に漂う香りを吸着させるアンフルラージュは、最高品質のフレグランスを作ることができますが、大変手間がかかるので現在は使われなくなった方法です。しかし、LSアカデミーは、この素晴らしい方法を最新のテクノロジーで現代によみがえらせました。FSEアンフルラージュ装置にキンモクセイを入れて、スイッチをオンにするだけ。熱もかけない、蒸留もしない、溶剤で抽出もしない、ただ置いておくだけで、極めて効率的に香りを抽出しキンモクセイのフレグランス(アブソリュート)を作ることができます。その香りは、風で漂ってくるキンモクセイの香りそのもの。これほど贅沢な香りを自分で簡単に作ることができます。フレグランスはアルコール溶液なので広く応用できます。

 

〇アブソリュート アンフルラージュに代わって、有機溶剤で香りを抽出する方法です。キンモクセイの特徴を前面に出した力強い香りの金色のアブソリュートを作ることができます。従来、専門的な知識と装置がないとできなかった方法ですが、LSアカデミーは家庭でも安全に抽出、濃縮できる装置を開発しました。アブソリュートは濃厚な香りのアルコール溶液なのでフレグランスと同じく広い範囲で活用できます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索