「変幻自在の色素 蘇芳(すおう)」

インド、マレー地方でとれる蘇芳は、平安時代から貴重な色でした。 即位礼正殿の儀で天皇が召された衣装の色は黄櫨染といってハゼと蘇芳で染められます。蘇芳で染めた色も身分の高い人しか着ることができない禁色でした。 蘇芳は染め方によって赤、赤紫、紫と様々な色になるおもしろい素材です。 今回は、媒染の後重ね染めして濃い色(深蘇芳)に染めてみました。木綿でも、こんなに鮮やかに染めることができます。

特集記事