【特別講座 カラム抽出・応用篇】

カラム抽出で抽出した色素をさらに50倍に濃縮した「濃縮色素」は食品、化粧品の着色やいろいろなクラフトに応用できます。また、色素を粉末にした「粉末色素」は安定した顔料なので石けんの着色や絵の具にすることができます。
「カラム抽出」は、ほんの少しの材料から短時間で濃厚な色素を抽出できる方法で、多くの皆様から驚きと喜びの声をいただいています。カラム抽出で従来の草木染が身近なものになりましたが、その応用は草木染めだけにはとどまりません。「カラム抽出応用編」は、抽出液を使って様々な応用方法を学ぶセミナーです。
◆ セミナーで学べる事
【濃縮色素を作る】
 濃縮色素は、カラム抽出で作った抽出液を、さらに20~50倍に濃縮したもので保存もできます。赤、黄、青などカラフルな色で、3原色から様々な色を作ることができます。水に溶けやすいので、コップに1滴加えるだけでカラフルな飲料ができます。ゼリーなどのお菓子の色付け、カラーアイス、カクテルなどにも応用できます。また、化粧水やクリームなどの色付けも簡単です。濃縮色素は直接万年筆やサインペンのインクとして使うこともできます。さらに、濃縮色素を使ってアクリル絵の具を作り、植物色素だけを使った絵やクラフトを作ることができます。
【粉末色素を作る】
 カラム抽出で作った染液を使えば簡単に粉末色素を作ることができます。粉末色素は水や油に溶けない顔料なので手作り石けんやクリームの色付けに使えます。また、アクリル絵の具にもすることができ、型染や紅型(びんがた)などに使うことができます。粉末色素は、従来は作るのに時間がかかったのですが、新しく開発した高速ろ過装置「差圧ろ過器」を使えば、わずか5分でろ過完了、さらに5分で脱水完了、そのあと真空乾燥器に入れておけば、次の日にはカラカラの粉末が出来上がります。
◆ セミナーで体験できる事
・濃縮色素、粉末色素を作る材料の選び方
・濃縮色素作り
・濃縮色素を使ったドリンク作り
・濃縮色素を使って万年筆やサインペン、アクリル絵の具作り
・粉末色素作り(ろ過、脱水、真空乾燥)
・高速ろ過「差圧ろ過」
・粉末色素を使ったアクリル絵の具作りと型染
◆ カラム抽出応用キット付き
・差圧ろ過器
・吸引瓶と吸引ポンプ
・真空乾燥器
・減圧濃縮器(エバポレーター)
・色素原料
・アクリル絵の具作成材料

 

・ご注文確定後、オリジナル実習キットをお送りいたします。

・既に他の講座にご出席済みで真空用器大、二口瓶、シリンジセットをお持ちの方は、キットなしの割引価格が選択可能です。クーポンコード【sp2nonkit】を入力し、2,500円OFFになっているのをご確認の上決算へお進みください。

・カラム抽出で染料の抽出を学んでからのご受講をお勧めします。既に染料抽出ができる方は単体でのご受講が可能です。

 

・集合型セミナーで行っている内容を収録した動画をパソコン、スマホ、タブレットあらゆる媒体で何度でも見ることが出来ます。

・セミナーテキストと動画をご覧いただけるURLをお送りいたします。

 

・ご希望でしたらzoomでフォローアップ(質問、解説等)を行います

カラム抽出応用編

¥11,800価格