熱中症対策飲料

2018年7月の猛暑で、熱中症搬送人数は1週間で1万人近くになっています。 熱中症の対策には、扇風機やエアコンで室温調整、日傘や帽子の着用、通気性のよい衣類の着用などがありますが、重要なのは「こまめに水分を補給する」ことです。 水分補給といっても、水、お茶、炭酸飲料、ジュース、コーラ、スポーツ飲料、経口補水液といろいろありますが、状況によって最適の方法は異なります。ここでは、補給する水の成分と利用方法を解説します。 1.家庭での仕事、事務作業などの軽作業で汗をかいた場合 普通の生活で、特に多くの汗をかかない場合は、水やお茶などでいいのですが、一度に多くの汗をかいた場合、水分と一緒に塩分も失われます。厚生労働省「職場における熱中症の予防について」の中に、とるべき水分は塩分0.1〜0.2%が望ましいとの記載があります。普段飲んでいるお茶や麦茶などに入れて飲むといいでしょう。糖分の多い清涼飲料水は、糖分摂取過剰になるので気を付けてください。 レシピ:  水、お茶、麦茶など 1リットル  食塩     1.5g(小さじ4分の1) 2.スポーツで大量の汗をかいたとき 激しい運動をすると、水分、塩分が短時間に失われるので、速やかに水分を補給する必要があります。日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」には、塩分0.1〜0.2%、糖分4〜8%を含んだ飲料を飲むことを推奨しています。ここで糖分がかなりの量含まれているのですが、これは、水分が腸管から吸収されるには電解質(塩分)と糖分が必要で、その浸透圧が体液と等しいとき、最も早く吸収されるからです。 ポカリスエットなどのスポーツ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Human Life

Science

Academy

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey

Copyright© 2017 LSAcademy All Rights Reserved