生姜をとことん利用する

カプセル蒸留 x FSE x HVE  生姜をとことん利用する 生姜は紀元前から香辛料として世界中で使われています。日本でも魚料理、豆腐料理、甘酢浸け(ガリ)など多くの料理に使われており、生薬としての実績も多く、その有効性は説明する必要もありません。 今回は、生姜の特長をとことん生かすための実験を行いました。 まず、生姜を薄切りにした後、フードプロセッサーで細かくし、そのままカプセル蒸留します。生姜に含まれる水分は90%以上なので、カプセル蒸留なら水を加えないでも蒸留できます。 できた芳香蒸留水は、生姜100%からとれたもので、これ以上ないほど濃厚な生姜の香りが漂い、表面には精油が浮いています。新鮮ならこのままでもいろいろ利用できそうですが、やはり水なので腐敗が心配です。生姜には食中毒原因菌の殺菌作用はありません。冷蔵庫で生姜にカビが生えるのはみなさん経験していると思います。 そこで、生姜芳香蒸留水をFSE法で濃縮しました。FSE法は、芳香蒸留水を原料にして、わずか10分でフレーバー(エタノール溶液)を作る方法です。できた生姜フレーバーは腐ることもなく長期間利用できます。生姜200gが生姜FSEフレーバー2mLに濃縮されます。つまり、生姜の香りは100倍に濃縮されています。わずか1滴の生姜FSEフレーバーの中に5gの生姜の香りが濃縮されています。 生姜FSEフレーバーの応用範囲は広く、炭酸水に1滴加えるだけでジンジャエール、紅茶に一滴加えるだけでジンジャーティー、ドレッシングの香り付け、魚料理の臭い消しなどアイデア次第です。 生姜芳香蒸留水は濃厚な生姜の香りがしますが、なめてみ

ほうじ茶FSEフレーバー

カプセル蒸留 x FSE ほうじ茶FSEフレーバー ほうじ茶人気が高まっていますね。アイスクリームやプリン、香水にまで使われるようになりました。 カプセル蒸留でほうじ茶を蒸留しました。芳香蒸留水は、普通のほうじ茶より香ばしさが強調された香りです。 さらにFSEで香りを抽出してほうじ茶フレーバーを作りました。濃厚なフレーバーで、わずか1滴にほうじ茶1杯分2.5gの香りが濃縮されています。 このままお湯に溶かしてみると、ほうじ茶の甘味が足りないので、それを補うため、ほうじ茶をフードプロセッサーで粉末にしたものを用意しました。 お湯に、写真のようにティースプーン半分くらい(わずか0.1g)のほうじ茶パウダーとFSE ほうじ茶フレーバー1滴を入れれば、急須なしで手軽にほうじ茶をいれることができます。 ホットミルクに入れればほうじ茶ラテ、アイスクリームに入れればほうじ茶ソフトを簡単に作ることができます。 FSEフレーバーは、いろいろ応用できそうです。

カプセル蒸留 x FSE  リンゴ100%プリザーブ

材料はリンゴのみで、水も砂糖も一切使わずにプリザーブ(ジャム)を作りました。 リンゴを半分ずつ角切りとすりおろしにして、カプセル蒸留します。このとき水は入れずにリンゴのみで蒸留します。 カプセル蒸留は、このようなものでも蒸留できます。焦げ付くこともありません。リンゴは減圧されて空気のほとんどない状態で、低温で蒸留されるため、ビタミンやポリフェノールなどの大切な栄養は壊れることなく濃縮され、ジャムのようなペースト状になります。甘みも濃縮されて、糖度はもとの果実の約2倍になります。 一方、リンゴの香りは、リンゴの水分と一緒に蒸留されて、薫り高い芳香蒸留水になります。この芳香蒸留水をFSEで抽出して、FSEフレーバーを作ります。 リンゴ果実には、甘みと栄養分はそっくっり残っていますが、香りと水分だけが除かれています。この果実にFSEフレーバーを加えれば、リンゴ100%プリザーブの完成です。 通常のジャムの作り方で作ると、リンゴのビタミンやポリフェノールは熱で分解し、香りも飛んでしまいますが、今回作ったリンゴ100%プリザーブは、生の果実をそのまま濃縮したもの。 甘さは、果実の糖分だけのノンシュガー、栄養は生の果実の2倍、香りも2倍に濃縮されています。ジャムでもない、ドライフルーツでもない、今までなかった食べ物です。 いろいろな果実で、同じような100%プリザーブが作れます。お試しください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Human Life

Science

Academy

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey

Copyright© 2017 LSAcademy All Rights Reserved